ビール界の革命児による新たな挑戦

New challenge by beer of beer

クラフトビールの革命児、ジェームス・ワットとマーティン・ディッキー等によるBrewDogはオハイオ州コロンバスに総工費600万ポンドで、新しいビール醸造所と併設するホテル建設に着手したようです。

現在、2018年の稼働を目標にクラウドファンディング(Indiegogo.com)で資金を募っているのですが、特筆すべきはホテルでのサービスがビールを楽しむことに最適化されており、そのコンセプトがとても興味深いものになっています。

今回はロサンゼルスから離れ、このパンクなビールベンチャーの新たなチャレンジをレポートします。

BrewDogというビール会社は、戦車を街中で走らるというパフォーマンスを見せたかと思えば、ウイスキーよりもアルコール度数の高いビールを作ったり、バイアグラ入りビール!?なんても作ったりする言うなればパンクなビールメイカーです。しかし、彼らBrewDogは奇抜なパフォーマンスだけではなく、そのビールが世界50カ国以上で飲まれ、様々なビールの品評会で最優秀賞を獲得するなど、高い評価を得ているのもまた事実なのです。

今回のクラウドファンディングにおいても、例えば5,000ドルの投資で新しく作る醸造所で落札者オリジナルのビールが作れたり、また30,000ドルでホテルをまるまる貸し切る権利など、一風変わったアイテムが並びます。目標金額は7,500ドルですが、3月13日現在で既に目標金額はゆうに超え、さらなる投資を集めています。

こんなにもユーザーの期待を集める背景に、今回作られるホテルのコンセプトからも、彼らの魅力の片鱗が垣間見れます。キンキンに冷えたBrewDogの代表作、PUNK IPAが陳列されたミニバーが部屋にあるのは当然のこと、ビールの原料(特製のホップオイル)を使ったスパや、ビールに合う料理を提供するレストラン、そしてシャワービール(近年流行の兆しを見せるシャワーを浴びながらビールを飲むリラックス方法)推奨という、まさにビール愛好家の為のホテルと言える仕様となっています。BrewDogは常にビールを熱狂的に愛している人のために、ビールに関するサービスを提供していて、それをキャッチしたビール愛好家が、彼らのファンになっているのです。

世の中にはフィンランドのオーロラを眺めながら寝れるホテルや、モルディブの海中ホテル、スウエーデンにある氷だけで作られたホテルなど、様々なコンセプトのホテルが実在しますが、ビールを愛する人に喜ばれるホテルが、今後どのような評価を受けるのか、今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です