ロスでアパートを探す方法

FOR RENT

今回は初めてロサンゼルスでアパートを探す方にロサンゼルスの賃貸事情をご紹介します。

ロサンゼルスの賃貸は間取りは広く、天井が高い代わりに家賃も高いのが特徴です。日本のワンルームに相当するステュディオ(Studio)よりも1ベッドルーム(1LDK)、2ベッドルーム(2LDK)といった物件多く、学生や所得の少ない人はルームシェアするのが一般的です。費用に余裕のある方は日本と同じように不動産屋さんに行って探す方法もありますが、ここではお金を掛けず、確度の高い探し方に絞ってご説明します。

英語に自信がなかったり、日本人とルームシェアしたい方は迷わず「びびなび」で探しましょう。びびなびは在ロサンゼルスの日本人で知らない人の方が少ないのではないかと思われるほど、多くの方が利用しているサイトです。英語に特に抵抗がなかったらクレイグスリスト(craigslistです。何と言っても物件数が圧倒的に多く、ルームメイトを募る情報もあれば、部屋や家を求める人、オフィスやガレージの貸し出しなど募集情報も様々です。部屋の空いているアパートには玄関付近に”FOR RENT”とサインが出てたりします。

また、初めて住む場所のことを出来るだけ事前に感じておくにも、目ぼしのアパート周辺を散歩するのが一番です。今も昔も足を使うのが一番なのは変わりないようです。

余談ですが、マンション(Mansion)は英語で間違い無いのですが、日本で一般的に使われるマンションの意味と、英語圏での意味は大きく異なります。英語でのマンションは「大邸宅」や「豪邸」のことを指し、ハリウッドやべバリーヒルズなんかにあって、ロサンゼルスの夜景を見渡せる巨大なプールつき、そんな超お金持ちが住んでいそうな高級な家を想像されてしまいます笑

日本人の感覚でのマンションはアパートメント(Apartment)、分譲マンションはコンドミニアム(Condominium)、略してコンド(Condo)です。

ロサンゼルスでアパートをお探しになる際はお間違えのないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です