ロスの恋するビーチ5選

Beach Relax Holidays Girls

今回はわずか数マイル移動するだけで様々な表情を持つ、ロサンゼルスのビーチをご紹介します。僕がアメリカを縦断し、ニューヨークよりもロサンゼルスに住むことを選んだのも、西海岸の陽気な気候と、風光明美なビーチの存在があったからです。それで厳選した5つのビーチを順にご紹介しましょう!

#01 El Matador State Beach

エルマタドール・ステイト・ビーチはマリブビーチから北へ約10キロ、サンタモニカからは約40キロの場所にある大小様々な岩が日の傾きと共に創る幻想的な景色に会えるビーチです。ロサンゼルスのビーチとしては小ぢんまりとしていますが、まるでプライベートのように、ゆったりと過ごせるのも魅力の1つ。しかし、満潮の時は要注意。訪れる際は潮見表をチェックすると良いでしょう(英語で潮見表はTide Chartです)。

El matador beach

#02 El Porto Beach

エルポート・ビーチはすぐ近くにガソリン製油所があり、最高のビーチと言い切れないかもしれませんが、一貫性のある波を求め、地元ロサンゼルスだけでなく、南カルフォルニア中から様々なレベルのサーファーが集うサーファーパラダイスです。良い波が来るポイントは製油所の辺りからマンハッタンビーチのピアまでと広範囲に広がり、冬場はチューブも巻きます。また砂浜からエントリーできて、ビーチの目の前にコインパーキングがあるので、波の高い早朝と夕方は多くのサーファーで賑わっています。

El Porto beach

#03 Leo Carrillo State Park

レオ・カリーリョ・ステートパークは、美しい砂浜と、波音だけの静けさ、その両方を兼ね備える希少なビーチです。年間通して胸の高さ以上にはならない穏やかな波は、ロングボーダーにとってはうってつけで、静けさと美しい景色を求めるサーフライダーに出会うことでしょう。また、RV用のスペースを備えたキャンプ場があるのもレオ・カリーリョ・ステートパークの特徴です。そして、何よりもこのビーチは犬を連れて行ける数少ないビーチの1つでもあります。

Leo Carrillo Beach

#04 Dockweiler State Beach

サウスベイに位置するドックウィラー・ステイト・ビーチは駐車場、シャワー、トイレ、そしてRV用の駐車スペースを兼ね備えた海水浴客のためのビーチです。時折、頭上を羽ばたく飛行機の音が耳障りかもしれませんが、広い砂浜は込み合うことはなく、日光浴やサーフィンなどを楽しむ地元の方が訪れるビーチです。何よりもここドックウィラー・ステイト・ビーチはロサンゼルスでも数少ない焚き火を許された希少なビーチです。

Dockweiler State Beach

#05 Santa Monica State Beach to Venice Beach

燦々と照りつく太陽、白銀の砂浜を歩けば、潮風が踊る。もはや説明不要、サンタモニカビーチの南端からベニスビーチへと続く海岸線はまさに人生の楽園です。ボードウォークを歩めば、スケートやサイクリング、ビーチバレーに、バスケット、ムキムキのビルダーたち。いつも人でごった返していてさながら夏祭りの様相です。またサンタモニカビーチといえばピア(桟橋)で、その存在感たるや他に類を見ない華やかさが、どの観光ガイドを見ても掲載される所以なのだと思います。

Santa monica beach

 いかがだったでしょうか?常夏のロサンゼルスに訪れたなら、PCH(パシフィック・コースト・ハイウェイ/カリフォルニア州道1号線)沿いに広がる青い海の誘いに身を委ねてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です