映画ファン必見!ロサンゼルスの映画館5選

This is LA style

アメリカ人にとっての映画鑑賞は日本人のそれとは少々異なる場合があります。例えばスターウォーズのようなファンの多い映画なんかを公開初日に見に行った日にはコスプレイヤーで溢れ、お馴染みのオープニングロールが始まったら割れんばかりの歓声が劇場内にこだまし、さながらお祭り騒ぎの様相になります。シネコンが増えたとはいえ、まだまだ個性的な映画館が存在するロサンゼルスの映画館。今回は映画の都、ロサンゼルスにしかないオススメの映画館をご紹介します。

Vista Theater

ハリウッドの東に位置するロスフェリッツ(Los Feliz)にある単館上映の映画館、ビスタ(Vista)の創業はなんと1923年。およそ1世紀にも渡ってハリウッド映画をかけてきました。そんな歴史的な映画館は巨大なアール・デコ調の照明と、エジプトを思わせる(安っぽい)内装が古き良き時代を感じさせるのですが、特徴は何と言っても座席の前後が非常にゆったりと作られていて、175cmの男性がどんなに足を伸ばそうとも、前の椅子に届くことは決してありません。そして、未だにフィルムの上映にこだわっており、駐車場がないのが少々残念ですが、いつまでも残り続けて欲しい、筆者一押しの映画館です。
価格:

ArcLight Hollywood

アークライト(ArcLight)は2002年にオープンした、比較的新しい映画館です。その魅力は何と言っても、最新鋭のシアター設備です。巨大なスクリーンと重厚なサウンドを奏でる上映機器は勿論のこと、程よくリクライニングが効いて、3時間の超大作でも疲れることのないクッションを整えるハリウッドきっての映画館です。アカデミー賞の会場でもあるチャイニーズシアターから少し南に位置するアークライトでは、映画の特別試写会もよく行われ、ロビーには公開中の映画に関係するグッズ(実際の衣装など)の展示が行われています。
価格:★★

El Capitan

エル・キャピタン(El Capitan)は1926年に建てられ、シアターツアーも行われるゴージャスな映画館です。シンデレラや、ナイトメア・ビフォア・クリスマスなど、ディズニー系の映画、そしてピクサーやマーベルなど、アニメの作品を主に上映するエル・キャピタンの鑑賞チケットは少々割高ですが、上映前に2,500本もの壮大なパイプオルガンの演奏があるのはここ、エル・キャピタンだけでしょう。
価格:★★★

Paramount Drive-In Theatre

パラマウント・ドライブイン・シアターは想像通りの古典的なドライブイン・シアターです。遡ること1947年にオープンし、1992年には一度閉館の憂き目に遭っているのですが、時代の波に乗って近年再びオープンしました。ここの魅力はおよそ22メートルにも及ぶ、巨大なスクリーンです。さすがにアルコールは禁止されていますが、飲食物の持ち込みは自由です。オープンカーが多かった時代とは違う現代のドライブイン・シアターにはテーブルと椅子を持参することをオススメします。
価格:

Ricardo Montalban Theatre

リカルド・モンタルバン・シアターは最新のハリウッド映画だけをかけるような通常の映画館でなく、センスの光る上映作品のセレクト(ラインナップはブレード・ランナーを皮切りにグッドフェローズや、アカデミー賞作品賞受賞のムーライト、そしてサンセット大通りといった古典まで)に加え、美味しいお酒とおつまみ、そして何よりもハリウッドのビルの屋上で見る、ルーフトップシアターなのです。交通量の多いチャイニーズシアターにほど近いエリアに位置しているのですが、各自にヘッドフォンが配られるため、映画や屋上からの美しい景色を妨げません。残念ながら期間限定ですが、リカルド・モンタルバン・シアターは常夏で、雨の降らないロサンゼルスならではの映画館です。
価格:★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です