ロサンゼルスだから行ける春の音楽フェスティバル

festival LA springtime

ロサンゼルスがある南カリフォルニアは1年を通して温暖な気候なため、夏を待たずして野外の音楽イベントが楽しめます。今回は、地元の音楽イベントから、ちょっとした旅行気分で行ける郊外の巨大なフェスまで、ロサンゼルスを起点とした野外音楽フェスティバルをご紹介します。

コーチェラ/Coachella

アメリカの西海岸で、今最も人気のある音楽フェスティバル、コーチェラ。近年は4月中旬の週末3日間、2週連続で開催され、およそ10万人ものファンがロサンゼルスから南に320キロの地点にある砂漠を目指します。毎回ステージには超豪華アーティスト(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、レディオヘッド、マドンナ等)が名を連ね、世界のフェス・シーズン幕開けの先陣を切る、カリフォルニア最大の音楽イベントです。

ビヨンド・ワンダーランド/Beyond Wonderland

ロサンゼルスを本拠地とするイベント・プロモーターInsomniacが贈るWonderlandシリーズ、春のスピンオフは日本国内では考えられないような規模のトランスイベントに、陽気なカーニバルを組み合わせた、まるで夢のようなフェスティバルがビヨンド・ワンダーランドです。その雰囲気はトランスのフェスでありながら不思議の国のアリスの世界に迷い込んだかのよう。今年(2017年3月24日、25日の2 days)のラインナップにはDiplo、Hardwell、そしてPaul van Dyck等が名を連ねるが、「最も重要なヘッドライナーはあなたです」と記載されているところも素敵です。

ブローク・エルエー・ミュージック&アーツ・フェスティバル/Broke LA Music & Arts Festival

ブロークLAはロサンゼルスのダウンタウンの倉庫街で行われる地域密着型のフェスティバルです。今年で6年目を迎え、徐々にファン(400人から始まって、昨年は5,000人が集まった)を獲得してきたブロークLAの特徴はこれから売れるインディーロックやヒップホップ、EDMのアーティスト、そしてスタンドアップ・コメディアンをピックアップしているところです。チケットが25ドルと、内容に比べて格安に設定されている良心的なフェスです。

ステージコーチ・フェスティバル/Stagecoach Festival

カウボーイハットにウエスタンブーツ。カントリーミュージック最大の音楽イベントはオースティンやナッシュビルではなく、コーチェラと同じカルフォルニアはエンパイア・アポロ・クラブで行われます。4月最終週末の3日間で行われ、ラインナップにはカントリーミュージック界の大スター(Dierks Bentleyや、Shania TwainKenny Chesney等)が多く、299ドルから1199ドルという消して安くないチケットが早々にソールドアウトになるほどアメリカでカントリーは根強い人気を誇っているようです。

 

パーティーピーポーにとってもロサンゼルスは最高です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です