ロスを起点とした日帰り旅行5選

ロサンゼルスは世界でも有数の観光都市ですが、ハリウッドはちょっと…
という方にオススメしたいロスを起点とした選りすぐりの観光スポットをご紹介します。

#01 ラグナビーチ
Laguna Beach

ラグナビーチはサンタモニカやベニスビーチとは違い美しい岩場の海岸が特徴的な海辺の街です。

何よりも混んでいません。

そんなラグナビーチの魅力は海岸だけでなく、洒落た建築物が立ち並ぶダウンタウンエリアを散歩するだけでも楽しめます。気になったお店でテイクアウト(トゥーゴー)してハイスラーパーク(Heisler Park)のベンチでランチ。またラグナビーチまで行ったのらジェラート・パラディーソ(Gelato Paradiso)のジェラードは試さずには帰れません。

Laguna Beach

#02 バルボア島
Balboa Island

ニューポートビーチにある人工島、バルボア島へは橋を渡って入ることもできますが、この小さな島では駐車スペースを見つけるのは至難です。車はバルボア半島に駐めてフェリーで渡る方が賢明です。

島の外周はおよそ2.6キロ、遊歩道になっていてのんびり散歩するのが心地いいです。島の名物はフローズンバナナSugar n SpiceDads Donut & Bakery Shopが起源を主張しているようです。

もちろんカヤック、パラセイリングなど水上スポーツを楽しむこともできます。

Balboa Island Ferry

#03 オーク・グレン
Oak Glen

オーク・グレンはまるで絵本の中から切り取ってきたようなカワイイ街で、毎年9月から11月にかけては多くの方がリンゴ狩りに訪れます。果樹園、牧場、雑貨店、レストランが立ち並ぶこの街は一年中を訪れることができますが、紅葉を愛でる事ができる秋は最も美しい季節です。

オーク・グレンに行くならWillowbrook Apple Farmを目指せば間違いありません。

またオークツリーヴィレッジでは小型の動物たちと触れ合ったり、実にアメリカンな笑アップルパイが食べられます。

Oak Glen

#04 テメキュラ
Temecula

カリフォルニアワインといえばナパやソノマが日本でも有名ですが、ロサンゼルスの南東に位置するテメキュラも30以上のワイナリーがひしめく楽しい街です。テメキュラを満喫するならワイナリーでのテイスティング前に、オールドタウン(旧市街)にあるテメキュラ博物館立ち寄ってみましょう。歴史を学んだあなたを待つのは極上のワインです。

さて、オススメのワイナリーは70エーカー(東京ドーム6個分)もの広大なブドウ畑を有するウィルソン・クリーク・ワイナリー(Wilson Creek Winery)、結婚式などでも使われるモンテ・デ・オロ・ワイナリー(Monte De Oro Winery)とサワードゥが名物のモーリス・カーリー・ワイナリー(Maurice Car’rie Winery)を押さえておけばもうドヤ顔です。

しかし、まだまだテメキュラの魅力は尽きません。実は熱気球の町としても有名で、毎年6月にはTemecula Valley Balloon & Wine Festival(気球とワインフェス!)というイベントも開催されます。

Temecula Balloon

#05 ソルヴァング
Solvang

アメリカ中西部の冬の寒さから逃れて来たデンマーク移民が根付いた地ソルヴァング。このサンタ・イネス・バレーには木製の風車や、デンマークスタイルの家々が立ち並び、さながらデンマークの田舎町のようです。カメラをどこに向けて撮っても絵になるカワイイ町は休日にふらっと訪れるには最適です。オススメのレストランはSolvang Brewing Company、名物のデニッシュをお忘れなく。ソルヴァングを訪れたなら愛らしいポニーに触れられるクイックシルバーランチにも立ち寄ってみましょう。

Solvang

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です