宝の宝庫ロサンゼルスのフリーマーケット5選

Flea Market in LA

ロサンゼルスの週末はどこかで必ずフリーマーケットが行われています。それは数万人が集まるような巨大なものから、個人宅の庭まで大小様々です。今回はそんなロサンゼルスのフリーマーケットをご紹介します。

Rose Bowl Flea Market

住所:1001 Rose Bowl Dr Los Angeles
おそらくロサンゼルスで行われているフリーマーケットで一番有名なのはローズボールで行われるフリーマーケットです。45年以上も続くこのフリーマーケット、その規模は毎回2,500以上ものベンダーが店を構え、1日に2万人もの人が訪れます。開催日は毎月第二日曜日で、入場料は9ドル(12歳未満は入場無料)からです。入場料は朝早ければ早いほど価格が上がり、午前8時から午前9時までは12ドル、午前7時から午前8時までだと15ドル、午前5時から午前7時(VIP)は20ドルです。フリーマーケットは午後430分まで行われていますが、良い物ほど早い時間帯に売れてしまいます。

Arts District Co-Op

住所:453 Colyton St Los Angeles 90013
近年、ロサンゼルスダウンタウンは再開発が行われ、閑散としていた倉庫街には、お洒落な雑貨店や、若手アーティストが住むようになった。そんなダウンタウンにあるUrth Caffeの1ブロック西側で、週6日開催されるこの屋内フリーマーケットは、ヴィンテージアパレル、家具、ジュエリーなど、地元のデザイナーのアイテムが販売されています。時折サンプルセールなんかも行われ、タイミングが合えば激安で購入できます。また毎月第3土曜日には音楽ライブが行われています。火曜日から木曜日は午前11時から午後7時まで、金曜日から日曜日は午後12時から午後8時までです。

Long Beach Antique Flea Market

住所:4901 E Conant St Long Beach 90808
ロサンゼルスで外せないのがロングビーチのアンティークフリーマーケットです。ローズボールほどの規模はないにせよ、800以上ものベンダーが集まる巨大なバザールにはアンティーク家具、雑貨、美術品などが所狭しと並びます。開催日は毎月第3日曜日の午前630分から午後2時まで。入場料は一般6ドル、12歳以下の子供は無料です。またロンビーチでも早割ならぬ早増がありまして、一般よりも1時間早い午前530分に入場するなら12ドルになります。割引クーポン(¢50オフ)はこちらからゲットできます。

Silverlake Flea

住所:1511 Micheltorena St Los Angeles 90026
シルバーレイクのサンセット通り沿いにある小学校(Micheltorena Elementary School)の校庭で行われるこのフリーマーケットは、手作りのアクセサリーや雑貨、アパレルなど、地元のアイテムを探すなら狙い目です。開催日は毎月第2土曜日の午前10時から午後4時です。入場料は無料です!

Topanga Vintage Market

住所:6201 Winnetka Ave Los Angeles 91371
サンフェルナンドバレーで行く価値のあるフリーマーケットといえば、トパンガ・ヴィンテージ・マーケット以外は考えられません。ローズボールやロングビーチと比べると、品数や品質の幅は狭まりますが、その分和やかな楽しい雰囲気に包まれています。入場料は3ドルで、こちらも12歳以下の子供は無料です。開催日は毎月第4日曜日の午前8時から午後3時です。

番外編

フリーマーケットのクオリティーは開催される場所に依存すると僕は考えています。また、フリーマーケットは週末、しかも月に1回がほとんどなので、旅行で訪れた場合、なかなか日程が合わないこともあります。そんな方にオススメしたいのがリサイクルショップGoodwillです。ロサンゼルスには13店舗ありますが、中でもオススメはロスフェリッツにあるGoodwillです。アパレルが中心ですが、思わぬ掘り出し物が見つかる穴場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です